topicsトレーニングお役立ち情報

中学生、高校生のトレーニングについて

 

台風が過ぎて少し秋の気配を感じますが甲子園では第101回選手権大会が連日熱く繰り広げられています。

本日は学生スポーツについてお話したいと思います。

(BEZELとしての過去の経験と見解ですのでご参考まで)

 

現在の学生スポーツはかなり高いレベルでおこなわれており指導者や周りのサポートのレベルも高く素晴らしいと思います。

しっかり子供たちの年代に合わせたトレーニングが出来ています。

かなり勉強されているのだと思います。

そんな指導者の下で育った選手たちは後に各分野で活躍されているような気がします。

 

特に高校野球の技術と身体能力は昔とは比較にならないくらい高いです。

今回の甲子園を見ていてもパフォーマンスも素晴らしいですがそれ以上に

自己管理、選手管理が出来ているように感じます。

昔なら甲子園で投げれるという興奮状態(脳の覚醒)で連投していたと思いますが

今回の甲子園大会はそれを冷静に判断でき連投させない指導者が増えているように感じます。

 

野球に限らず全ての学生スポーツにおいても同じです。

最近の傾向は個々の特徴を尊重した動作やトレーニング方法が行われています。

昔のような画一的な指導方法は少なくなってきました。

これも指導者がしっかり勉強をしているからだと思います。

BEZELで実践している「胸郭主導型トレーニング」が上記にあたります。

※胸郭主導型トレーニングとは、生れつき持ってるタイプに合わせたトレーニング方法です。

 

例えば本来はウォーミングアップでも個々でおこなうことが正解だと思います。

個々の体調や状態などが違うので自己の判断でおこなうべきです。

クールダウンも同じです。個々のタイミングや方法で行うべきですね。

 

そして良い指導者は、選手に沢山の提案をしてやれることだと思います。

(そのために沢山の知識を持っておくことです)

しっくりくる動きを感じるまで様々な角度から提案できることだと思います。

 

最近の子供たちは提案してやれば自分で判断して合うものを取り入れていきます。

 

最終的にしっくりくる動きは本人しか分かりませんからね。

 

 

試合前のサイキングアップは有効か?

BEZELでは、アスリート支援プログラムでチームのトレーニングも

サポートしています。

 

最近、特に少年野球や高校野球の試合前に円陣になって大声を出して

テンションを上げて試合に入るチームをよく見かけます。

このようなサイキングアップは有効なのですか?

という質問をよく受けます。

 

BEZELの見解から申し上げますとサイキングアップはさせません。

(簡単な掛け声はやってますが)

理由は、興奮しすぎて冷静な判断ができにくくなると考えているからです。

 

ゾーンという精神状態があります。

体験したことのある方は分かると思いますが

ゾーンに入ると興奮状態ではなくきわめて冷静になります。

なぜなら、結果が分って動けてしまうからです。

何の疑いもなく「ヒットが打てる」「三振が取れる」など

結果が分かってしまうことがあります。

出来ると分かったら焦る必要がないからです。

本当に不思議な精神状態ですね。

例えば、審判が明らかな誤審をしてもニコッと笑って対応できます。

なぜなら、勝てると分かっているからなんです。

 

このように普段はゾーンまでは中々行きませんが、出来れば少しでも

冷静な精神状態を保って試合に臨んだ方が的確な判断が出来ると思います。

試合前にわざわざ興奮状態にすることで冷静な判断が出来なくなるなら

サイキングアップでテンションを上げる必要なないかなと考えております。

 

出来れば試合前は冷静に戦略の再確認などの意思疎通を

しっかり行う方が良いのではないでしょうか

 

スポーツによっては興奮状態で臨んだ方が良い結果がでるものも

あるかもしれませんので一概にすべてを冷静にする必要はないと思います。

 

BEZELトレーナーは、日本代表選手がサポートを受けている

メンタルトレーニングを受講しています。

技術的なことだけではなく心理面からも選手をサポートさせて頂いています。

 

サポートが必要なチームは是非ご連絡ください。

 

 

アスリート支援プログラム 他社と提携

 

BEZEL独自のプログラム

アスリート支援プログラム

プロ・トップアスリートを目指す方のトレーニングを支援するプロジェクトです

本気でプロ・アスリートを目指している方を応援するプロジェクトです。
素質があるのに環境や経済的な理由で十分なトレーニングが出来ない方(チーム)をトレーニングで支援します。

アスリート支援プログラム出身の選手

・プロサッカー選手

・プロ野球選手

・格闘技選手

・高校野球甲子園出場選手

・水泳選手

・フィンスイミング日本代表選手

・プロゴルファー

等の選手たちが活躍されています。

 

BEZEL協力企業↓

Macene アスリート支援

アスリートがスポンサーを探せるプラットフォーム、Meceneです。

アスリートが競技に専念するためのスポンサー探しをおこなう企業

本気で夢を追いかけている選手は我々と一緒に頑張りましょう!

 

 

アスリートサポートプログラム支援活動

 

2020TOKYOオリンピック・パラリンピック開催まで残り1000日ほどになってきました。

正確には ↓

東京オリンピック・パラリンピックまであと何日?

BEZELでは5年前からアスリート支援プログラムという活動を続けています。

スポーツに対する思いと情熱があり頑張って努力をしているがトレーニングの

環境に恵まれていない選手やチームを支援してきています。

 

正しいトレーニング方法やケアの方法ややコンディショニングなども指導しています。

少しだけでも正しい知識があればもっと伸びる選手は沢山います。

少しのアドバイスで劇的に変わった選手も沢山います。

監督やコーチも考え方や学ぶ姿勢が変わり選手たちにも良い影響を与えています。

 

0期生の中からはプロサッカー選手(ガンバ大阪)になった選手もいますし

野球で甲子園に出場した選手やバスケットのプロリーグで活躍している選手などもいます。

今でも現役で日本のトップレベルで戦っている選手も沢山います。

現在、BEZELでは大阪、兵庫、京都の関西圏で活動をしていますが今後は東京や名古屋、九州へと

活動範囲を広げていきたいと考えています。

 

日本の中にはまだまだ支援を必要としている選手が沢山います。

才能があるのにやりすぎて怪我をしたり無知なため故障続きで全く活躍できなかったり。

過去に多くの才能があるのに諦めていった選手を見てきました。

故障さえなければプロとして十分に活躍できている選手も沢山います。

BEZELの夢は、諦めなければならない選手たちを一人でも少なくして日本のスポーツ界全体の底上げを

していきたいと考えています。

BEZELという名の意味は、宝石の指輪の宝石を支える溝のことを言います。

選手(宝石)を支えるBEZEL(溝)があってこそ選手(宝石)は素敵に輝きます。

最近は我々BEZELの活動に共感頂き活動に賛同して頂ける企業や個人が増えてきました。

但し現状はまだまだサポート体制が間に合っていません。

これからもサポートの活動範囲を増やしていきたいと思っています。

日本中に我々を必要としているチームや選手が沢山います。

是非、アスリート支援プログラムにご協力頂けるトレーニング施設様や

活動を援助していただける企業様や個人様がおられましたらご連絡ください。

以下の連絡フォームよりご連絡お待ちしております。

BEZELへのお問合せ

初回限定キャンペーン
初回限定キャンペーン
会員限定キャンペーン